研究ハイライト

米国地球物理連合2014年秋季大会にて研究発表

Mon, 12/22/2014 - 15:37

今月開かれた地球物理連合秋季大会には、九つの口頭発表、34のポスター発表をはじめ、国際北極圏研究センター(IARC)より数多くの研究者が参加。IARC研究員、大学院生による口頭発表、ポスター発表は下記のリスト参照。 もっと読む

「今月の研究者」特集:ネイサン・ケトル研究員

Fri, 12/05/2014 - 15:27

国際北極圏研究センターの研究グループAlaska Center for Climate Assessment and Policy (ACCAP)およびAlaska Climate Science Center (AK CSC)で、ポスドクを務めるネイサン・ケトル氏は、政策決定が科学研究結果、知識に基づいて効果的に行われるよう社会的ネットワークの役割の研究に取り組んでいる。 もっと読む

今注目の話題

IARCの卒業生、優秀賞受賞

Sun, 01/04/2015 - 15:41

ショウミック・バス氏が12月19−20日にニューデリーで開かれた第五回National Research Conference on Climate Changeで、研究ポスター発表優秀賞を受賞。 もっと読む

IARCの学生、リーダーシッププログラムに選ばれる

Thu, 10/23/2014 - 08:42

IARCで博士号を目指す院生エカテリーナ・コンター氏が、来年一月にノルウェーで行われる北極圏フロンティアの「Emerging Leaders」プログラム参加者に選ばれた。米国を代表する参加者はコンター氏を含む二人。 もっと読む