研究ハイライト

「今月の研究者」特集:伊川浩樹研究員

Wed, 10/01/2014 - 08:59

伊川浩樹研究員は国際北極圏研究センターでポスドクとして、生物気象学(気象と生物との関係)の研究を行っている。現在、寒帯・亜寒帯地域の研究現場でクロトウヒ林の炭素、水蒸気フラックスの研究に取り組んでいる。 もっと読む

新研究:北極海氷の縮小と中緯度帯異常寒波の関係

Fri, 09/19/2014 - 11:21

北極海氷の縮小と北米、ヨーロッパ、アジアで最近見られた異常寒波の原因との密接なつながりを示す研究が発表された。 もっと読む

今注目の話題

アイケン氏、IARCの副所長に

Thu, 09/18/2014 - 09:45

ハイヨウ・アイケン氏がこの度、国際北極圏研究センター副所長に任命された。 アイケン教授は、1990年にドイツのブレーメン大学より博士号取得。1998年以来センターのあるアラスカ大学フェアバンクス校に勤務。地球物理学の中でも海氷研究で世界的に知られるアイケン氏は、多数の論文発表、助成金獲得、また様々な賞も受賞している。 もっと読む

IARCの研究員ら、北極圏気候変動の影響について語る

Mon, 08/11/2014 - 12:18

最近リリースされたビデオで、IARCの研究員を含む8人の科学者が、北極圏の温暖化が地球規模の気候に及ぼす影響について語った。 もっと読む