研究ハイライト

IARCの学生、刺激の多い積雪測量旅行に参加

Wed, 05/06/2015 - 13:33

国際北極圏研究センターで博士号を目指すシモン・フィヨール氏は、このたび一ヶ月にわたるブルックス山脈東部横断の積雪測量旅行に参加した。フィヨール氏を含む五人のチームは、スノーモービルで約18,000kmを制覇。 もっと読む

「今月の研究者」特集:キース・カニングハム研究員

Fri, 05/01/2015 - 11:55

地理空間および遠隔操作(リモートセンシング)技術を専門とするキース・カニングハム研究員は、国際北極圏研究センターの研究グループの一つであるScenarios Network for Alaska and Arctic Planningで、他者との新しい共同研究プロジェクトの開発や資金の確立にいそしんでいる。 もっと読む

今注目の話題

IARCのパンテレエフ研究員、ハワイ大学の客員教授に

Tue, 05/05/2015 - 12:33

国際北極圏研究センターのグレブ・パンテレエフ研究員がこの度ハワイ大学マノア校の土木環境工学のアルフレッド  A. イー客員教授に任命された。この教授職は、世界的権威の教授陣を招き、工学プログラムの学生を教えてもらうことで、学生たちの学習経験をより豊かにしようと作られた。 もっと読む

英国の小学生、IARCの科学者と「対面」

Thu, 04/09/2015 - 07:22

英国の小学生らが北極圏と気候変動について国際北極圏研究センター(IARC)の研究者に質問をするという稀な機会が、最近訪れた。7〜9才の児童たちは英国ウースターシャー州にある学校の教室に集まり、Skypeを使って米国アラスカ州にあるIARCの研究者と「対面」。 もっと読む