研究ハイライト

初のアラスカ気候区分誕生:より確実な気候監視と予測が可能に

Fri, 03/06/2015 - 13:23

今年、アラスカは乾燥した夏になるか、湿気の多い夏になるか。IARC研究員と共同研究者らによる研究プロジェクトの結果生まれたアラスカ州の気候区分によって、そういった長期気候変動の予測が可能になる。 もっと読む

より確実な北極海氷予測が可能に?

Tue, 02/17/2015 - 07:22

政策立案者にとって、北極海氷の今後の状態をより確実に予測できるかは重要なテーマ。それに役立つ研究論文が最近発表された。 もっと読む

今注目の話題

日米北極圏政策ワークショップ、IARCで開催

Thu, 03/26/2015 - 08:36

日米北極圏政策ワークショップが、この度、国際北極圏研究センター(IARC)の指導のもとで開催された。日本から高官がIARCを訪ずれ、北極圏の情報収集、北極圏における今後の機会や様々な分野で予想される困難などについての議論が行われた。  もっと読む

アイケン氏、IARC所長代理に

Thu, 03/19/2015 - 14:06

国際北極圏研究センター(IARC)のラリー・ヒンズマン現所長がアラスカ大学フェアバンクス校(UAF)学長よりUAF研究担当副学長代理に任命されたのに伴い、ハイヨウ・アイケン副所長が、この度、IARC所長代理に任命された。 もっと読む